「こころ」、「ストレス」の問題を気軽に相談できる場所。患者さまが、ホッとできる空間を目指しています

よくあるこころの病気

双極性障害

双極性障害は、以前は躁うつ病と言われていた疾患です。うつ状態だけが起こる病気を「うつ病」といいますが、このうつ病とほとんど同じうつ状態に加え、うつ状態とは対極の躁(そう)状態も現れ、これらをくりかえす、慢性の病気です。

躁状態とは気分の高揚が持続し、多弁や活動性の亢進などを認める状態です。 この躁状態の程度で双極性障害は2つに別れます。

  • 躁状態: 気分の高揚、睡眠欲求の減少、多弁、観念奔逸などの症状が1週間以上続き、社会活動や人間関係に著しい障害を生じる状態。
  • 軽躁状態: 躁状態と類似しているが、入院するほど重篤ではなく、幻覚妄想状態を伴わず、社会生活に大きな支障を来さない。
    期間の面でも、躁状態は7日以上とされているのに対し、軽躁状態は4日間以上とされている。

うつ状態と躁状態がある場合を双極I型障害
うつ状態と軽躁状態がある場合を双極II型障害としています。

うつ病と双極II障害の鑑別は難しく、当初、うつ病と診断されていた方の約10%が後から双極性障害と診断されています。

双極性障害の原因

明らかな原因は解明されていません。

双極性障害の治療

生活リズムの安定と疾患に対する理解を深めることが重要です。
薬物療法も重要となります。

基本的には気分安定薬(リチウム、バルプロ酸、ラモトリギンなど)を中心に加療します。 最近では、非定型抗精神病薬のオランザピンやアリピプラゾールも有効とされています。

早い段階で治療を軌道にのせることができれば、薬をうまく利用して再発をコントロールし続け、それまで築いてきた人生を何らそこなうことなく、生活することが十分に可能です。

  • うつ病
  • パニック障害
  • 強迫性障害
  • 社交不安障害(SAD: Social Anxiety Disoder)
  • 双極性障害
うつ病セルフチェック

診療時間

分院の紹介