「こころ」、「ストレス」の問題を気軽に相談できる場所。患者さまが、ホッとできる空間を目指しています

よくあるこころの病気

うつ病

うつ病は気分の落ち込み、やる気が出ない、なにをするのもおっくう、眠れない、食欲がないなどの症状が数週間にわたって続く病気です。

このような症状が1日程度、軽度に認められることはありますが、深刻な状態が2週間以上続くようであればうつ病を疑う必要があります。

うつ病の症状

  • 気分の落ち込みが続く
  • 些細なことが気になるようになった
  • 以前に楽しめていたことが楽しめない
  • 日常生活における活動量の著明な低下
  • ちょっとした事でイライラするようになる
  • 食欲不振または過食
  • 眠れない
  • 以前より疲れやすくなった
  • 仕事(家事)に集中できない
  • 思考力の低下、集中力の低下
  • からだの症状(倦怠感、頭重感、動悸、胸の圧迫感など)

うつ病の原因

過度のストレスや持続的にストレスにさらされることによって脳内神経伝達物質のバランスが乱れることで発病すると考えられています。

うつ病の治療

いろいろな理由で心のエネルギーを使い果たした状態と言えますので、まず休養をとる事が重要です。場合によっては休職、業務負担や家事の軽減などの環境調整も必要になることもあります。

次に治療として大切なのは薬物療法になります。うつ病は脳内神経伝達物質のアンバランスが生じていますので、薬を服用してバランスを整える必要があります。現在は副作用の少ない薬が出てきていますので、心配なことがあれば主治医に相談して下さい。

  • うつ病
  • パニック障害
  • 強迫性障害
  • 社交不安障害(SAD: Social Anxiety Disoder)
  • 双極性障害
うつ病セルフチェック

診療時間

分院の紹介